ふくらはぎ痩せで理想の脚に近づこう|フットケアを継続させよう

糖質を控える

ダイエット

糖質制限とは、もともと糖尿病患者のために考えられた食事法のことです。炭水化物や砂糖などに多く含まれる糖質を制限することで血糖値の急上昇を防ぎ糖尿病の症状を改善するというものです。この方法はダイエットにも効果的として、近年は有名になっています。糖質制限のためには、糖質の多く含まれている炭水化物や砂糖が含まれたものを制限することが重要ですが、糖質は思わぬところにも隠れているので注意が必要です。生活における割合が大きく、ダイエットのために真っ先に除去すべきなのは主食類とお菓子、日本酒やビールなどですが、一見安全と思われる野菜類にも実は糖質はかなり含まれています。根菜類は体を温めるためダイエットによいと思われていますが、実は糖質が多く、糖質制限ではあまりおすすめできません。真っ先に除去すべきものではありませんが、少し意識すると効果が変わってきます。

ダイエットのための糖質制限で工夫するとよい点にはタンパク質の摂取があります。糖質をとらないことも重要ですが、それ以上に重要なのが体に必要な栄養素をしっかりとるということです。そのためには、肉、魚、卵、チーズなどの糖質が少ない食品からタンパク質やミネラルなどをしっかりとらなければなりません。特に重要なのが肉と卵とチーズです。これらはむしろ今までよりもしっかりとるように意識すべきでしょう。この三つをとることで栄養バランスはかなりよくなります。唯一不足するのはビタミンCなので、葉野菜などから摂取するとよいでしょう。果物は果糖という糖質が多いのであまり向いていません。また、もう一つのポイントがよくかむということです。タンパク質はよくかまないと消化に良くなくダイエット効果も低いです。一口30回を意識してしっかりかんで食べましょう。